宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

2018年10月

鴨to葱の鴨らぁ麺


東京は御徒町にある鴨to葱
開店当初より人気を博しており気になっていたお店。

IMG_1323
鴨に焦点を当てたコンセプト。和とラーメンの融合といったところか。
昼の部終了間際に訪問したため待ちはなく、すぐに案内された。

FullSizeRender
鴨らぁ麺 780円
スッキリ淡麗スープに厚めの鴨由来の香味油。
油層がしっかりあるため、スープ温度もかなり熱めだ。
クセのない鴨出汁の味わいは滋味深く、トッピングの焼き葱との相性も◎

IMG_1344
全粒粉入りの細麺はツルンとのど越しよくスープとの絡みもばっちり。
終盤に七味と柚子胡椒を入れると一気に日本蕎麦の様相。
ゴクゴクと汁完寸前でご馳走様でした、美味しかったなぁ。








川越大勝軒の中華麺(小盛)


朝ラーという何とも嬉しい営業形態。
沖縄でも曙にあるみな家さんが曜日限定でやっておられる。

IMG_1416
埼玉は川越にある川越大勝軒では店休以外の毎日6時から営業している。
この日は6時30分頃に訪問したが、店内には既に4名の客。
地元に根付いて愛されているのだろう。

IMG_1426
ここ川越大勝軒は所謂、永福町大勝軒系の大勝軒である。
先日永福町大勝軒創業者の草村氏が御逝去されたため悼んでの訪問。

ちなみに山岸氏で有名な東池袋大勝軒とは異母兄弟のような関係だ。
70年以上前に荻窪丸長から始まったのれん会の系譜。興味がある方はコチラをクリック

FullSizeRender
中華麺(小盛)700円+生卵50円
永福町系伝統の銀トレイに乗せられたのは、洗面器サイズの大きなどんぶり。
小盛1玉、中盛1.5玉、大盛2玉であるサイズ設定。朝には小盛で十分である。

IMG_1429
中太の麺はちょい柔の塩梅でスープとバッチリである。
何とも啜り心地のいいのだ。

IMG_1428
スープは煮干しがブワンと薫るノスタルジックな風味だが、古いワケではない美味さ。
表層のラード効果でアツアツ。しっかり醤油の効いた旨味溢れる逸品。
ほんと美味いなぁ。

IMG_1430
永福町系と言ったらやはりこのスキヤキスタイル。
アツアツの麺を冷ましながら頂く。んもぉ美味いんだよ。
ズルズルと啜りながら多めのスープをゴクリと飲み進めあっという間に完食。
中盛でも全然食べれたと感じながら、店主にご馳走様とご挨拶。

鼻腔に煮干しを漂わせ、秋冷めの早朝を散歩しながら川越の街を去るのだ。










すばじらぁのラーメン小豚入り


定期的に訪問して味の変動を楽しむのが二郎系の醍醐味。
そういったワケでやってきたのは沖縄そばすばじらぁ那覇店
学生の夏休み期間を狙って訪問したのだが大人達で賑わっていた。

IMG_1225
ラーメン小豚入り 850円(ニンニク)
この日は台風の影響でヤサイコールは事前にお断り表示がされていた。
液体脂が多めの水面は微乳化で豚出汁の効いた美味いヤツ。
豚は若干崩れてツナっぽいところもあったが安定のモノ。

IMG_1226
麺を引きずり出したら生卵(50円)をポトリと。
秋らしくすばじらぁでお月見を楽しむのだ。










中華そば四つ葉の蛤そば


県外ラーメン紀行編。
初っ端は淡麗清湯の先駆者的存在であり埼玉県でトップに君臨する名店。
埼玉県川島町に在る中華そば四つ葉
沖縄でもカップラーメンが販売されていたのでご存知の方も多いかと。

IMG_1355
先代の営む寿司屋と併行した店舗。
公式には11時開店だがほとんどが前倒しで開店する。
この日も10時50分に到着したが既に開店しており店内満席。
外待ち7名に接続したが、ものの10分で案内された。さすが行列店のオペレーション。

 FullSizeRender
蛤そば780円+味玉100円
小ぶりの丼に盛られた逸品。
まずはスープを頂くと芳醇な蛤の旨味。エグミを感じさせないハイセンスな旨味の洪水。
レアチャーシューもワンランク上の美味さで舌の上で溶けるのだ。

IMG_1483
スープは琥珀色。
何回でもレンゲを口に運んでしまうのだ。

IMG_1365
麺は最近になり改良されたとのこと。
小麦の風味を感じるハリパツの中細麺で美味いのだ。

IMG_1366
四つ葉の第2の名物である本日の握り350円
この日はブリとカンパチ。これがかなり美味しくてたまげたのだ!

IMG_1364
同行者の頼んだ四つ葉そば780円。
比内地鶏、青森シャモロック、天草大王をブレンドした鶏の旨味が詰まった至極の一杯。
何れも沖縄では味わうことの出来ない逸品であった。












【限定】中華そばぬーじボンボンメンデスのぬーじ郎


ラーメンのジャンルの一つとして確立された「二郎系」ラーメン。
泉崎にあるぬーじボンボンメンデスでもインスパイアが限定でリリースされた。
台風後ということもあり、モヤシの確保が大変だった模様。
生鮮食品が落ち着くにはもうしばらくかかりそうなので大変である。

FullSizeRender
ぬーじ郎 850円(ニンニク)
所謂コールはニンニク、アブラ、カラメが可能となっている。
ヤサイはキャベツの割合も多くホクホク美味しいのだ。
ブタは大きく分厚いのが3枚も!柔らかくメチャクチャ美味い!

IMG_1242
スープはライト目で豚出汁が効いて食べやすい。
辛揚げ玉は徐々にスープに溶け出してくる。
溶けると一味の辛味と油分が加わり自然と味変されていく仕組み。

IMG_1241
平打ち太麺なオーション麺。
ゴワムチ食感はこの手のラーメンとベストマッチなのだ。
小生は生卵(50円)を別途お願いしてスキヤキスタイルで〆。
ご馳走さまでした。








ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA