惜しまれながら閉店した糸満の中華そば三太
とても好みのお店だったので閉店は非常に残念であった。
しかし、三太と縁のあったぬーじボンボンメンデスの店主が1日限定で復刻させた。


五臓六腑に染み渡る滋味深いスープにピロピロわんたん。
思い出すだけで堪らない。

sntメニュー
12月19日(火)当日は「復刻三太デイ」のため通常メニューはなかった。
お昼のピークを外したが、店内8割は埋まっており、三太の人気度を改めて感じた。

snt丼
店主よりサーブされた一杯。どんぶりに掲げた鼻腔には懐かしき香り。


三太
ワンタン麺(並)750円+メンマ増し200円
当時のヴィジュアルと比較すると若干醤油色が強めに出ているスープ。
ひと口ふた口といただくと、懐かしくも新しいあの三太の味わい。
復刻とあるが、個人的にはブラッシュアップが図られているように感じる旨味アップ。

材料、分量などのレシピは変わらないハズ。
素材の質やスープに使われる水によって違いが出たのだろうか。
少なくともエンミだけでない旨味が出ていたぞ。
とりあえず、とても美味い!!

rht三太
麺はあの頃を彷彿させるピロピロ細麺。
ワンタン皮も極薄で生姜の効いた懐かしい味わい。あー、全部美味い。
シャクシャクの細切りメンマの食感も最高のアクセントで堪らんのである。

srkn
三太譲りの麺量たっぷりだが気づけば汁完。ご馳走様でした。
とても幸せなひと時、再度復刻される日を楽しみにしています。