宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

宅飲み

炙りチャーシュー


自家製の低温調理チャーシュー。
つまみとしてのポテンシャルを上げるために炙るのだ。

2017-07-12-20-50-56

レアチャーシューがレアじゃなくなるこの無意味感。
しかし見た目の問題だけであって食感と味はしっとりジューシー。

2017-07-12-20-52-12

香ばしい匂いが昇華して食欲を連れてくる。どんぶり飯に乗っけてチャーシュー丼にしたい!
・・・ところをグッと我慢して焼酎ハイボールを流し込むのだ。


 

ぶっかけやっこ


夏到来。
なんとなーく冷っこいアテが欲しくなる。
夏野菜もふんだんに使ってぶっかけよう。

2017-07-03-21-11-42

冷蔵庫にあった豆腐に納豆、ミョウガ、大葉、すりごまを散らす。
醤油を一まわし掛けたら下品にグチャグチャにして食べる。スプーン推奨だ。
ああっ!卵黄を忘れた。


沖縄県産本マグロ


一年で限られた期間しか食せない「旬」な食材。
 年中マグロの刺身が陳列される沖縄だが、この季節しか食せない特別なマグロが存在する。
産卵で沖縄近海に近づく5月下旬から6月位までの1ヵ月間しか味わえない。
その後の行先はご存知であろう「大間」同じ本マグロなのである。

2017-06-11-19-29-57

赤身と中トロ(ほぼ大トロ)が混在するパックを購入。
生の天然本マグロが450円だった。
夏場の産卵期の個体のため若干味は落ちるが、それでも天下の本マグロ。
旨味が濃くとろける美味さ。たまらないのだ!
沖縄でしか味わえない旬のモノ。ぜひとも皆さんも味わってほしい。

豚タン


もつ焼きに分類されることも多い「豚タン」
単価も安いのでツマミに持ってこいなのだ。(ちなみにスープも美味い)

2017-04-12-21-12-54
とは言っても食べ方は限られる。
ここはシンプルに塩コショウを振りかけ、サッと焼こう。
 2017-04-12-21-33-11

フライパンよりも断然スキレットをオススメする。
高温に熱して焼き色を付けてうまみを閉じ込める。

2017-04-12-21-17-19

もつ焼きにはやっぱりコイツでしゅわわ。
氷抜きにすると炭酸が飛ぶのが抑えられて、スッキリ度がアップするのだ。






マグロぶつ


マグロのブロックを貰ったら敢えてぶつにする。
つまみとしての優等生はぶつなのだ。
 image

今回もらったマグロが当たりだったようでトロが多い。
マルコメ酢を少量垂らしてサッパリ美味い。




ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA