宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

スキレット

家で焼くビーフステーキ


新規ステーキハウスが今だに出店ラッシュの沖縄。
最近では200g/1,000円が相場のようだが、家で食べればもっと安く美味く食べれる。
2017-05-31-18-37-06

約 320gで500円程度で購入したアンガス牛。
もちろん定価ではない、店頭エイジングという名の20%割引商品だ。
調理1時間以上前には冷蔵庫から取り出し、極力室温に戻す。

2017-05-31-21-09-59

最近手に入れたヨーグルティア
真空低温調理における革命児である。(ちなみに超エリートはAnova)

シーズニングパウダー(塩コショウでもOK)を施したビーフをジップロックに真空保存。
今回は58℃で2時間低温調理してみた。

2017-05-31-21-33-37

2時間後に取り出した肉塊をカンカンに熱したスキレットで焼くぞ。
焼くといっても中に火を通すためでなく、表面を焼き上げるのだ。

2017-05-31-21-35-12

旨味を中に閉じ込めるのだ。カリカリに焼けば食感もまた美味い。
両面、側面を一通り焼き上げたらば、皿に移し暫く落ち着かそう。
本来はアルミホイルに包んでおきたいところだ。

2017-05-31-21-36-49

すぐに切ってしまうと肉汁が無駄に垂れ出てしまうのだ。
塩やワサビ等の調味料を用意しながら時間をつぶそう。

2017-05-31-21-37-56

それでは!といかせて頂くとなんともジューシーで柔らかい。
赤くてレアなのでは・・・と思うかもしれないが2時間掛けて低温調理済みである。
家ステーキの醍醐味を味わってしまうと、外で肉を食べるのが勿体なくなってくるぞ。



スキレットで焼く餃子

ニトスキを使用して焼餃子。
スーパーで売っている安いチルド餃子でも充分美味しく頂ける。

2016-12-23-23-24-35
熱したスキレットに餃子を並べて、やかんで沸かした熱湯を「の」の字で1周かける。
バチバチッと煙りが上がるが慌てず蓋をして3分ほど待つ。
蓋をあけて水分を飛ばしたら仕上げの胡麻油。好みのカリカリ具合にする。


2016-12-23-23-32-29
ちょっと焼き過ぎたかも。


2016-12-23-23-32-39
ビールと一緒に酢胡椒でいただく。
酢醤油で食すのも好きだが、ツマミで食べるときは酢胡椒に限る。


2016-12-23-23-34-25
ジー。
見つめ合う。


2016-12-23-23-37-09
少し寝かせて側面を焼くのもアリ。


2016-12-23-23-33-08
カリ、ジューワ。美味い。
ビールでグビグビ流し込む。やはり餃子にはビール!

 
ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA