宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

二郎系

すばじらぁのラーメン小豚入り


定期的に訪問して味の変動を楽しむのが二郎系の醍醐味。
そういったワケでやってきたのは沖縄そばすばじらぁ那覇店
学生の夏休み期間を狙って訪問したのだが大人達で賑わっていた。

IMG_1225
ラーメン小豚入り 850円(ニンニク)
この日は台風の影響でヤサイコールは事前にお断り表示がされていた。
液体脂が多めの水面は微乳化で豚出汁の効いた美味いヤツ。
豚は若干崩れてツナっぽいところもあったが安定のモノ。

IMG_1226
麺を引きずり出したら生卵(50円)をポトリと。
秋らしくすばじらぁでお月見を楽しむのだ。










【限定】中華そばぬーじボンボンメンデスのぬーじ郎


ラーメンのジャンルの一つとして確立された「二郎系」ラーメン。
泉崎にあるぬーじボンボンメンデスでもインスパイアが限定でリリースされた。
台風後ということもあり、モヤシの確保が大変だった模様。
生鮮食品が落ち着くにはもうしばらくかかりそうなので大変である。

FullSizeRender
ぬーじ郎 850円(ニンニク)
所謂コールはニンニク、アブラ、カラメが可能となっている。
ヤサイはキャベツの割合も多くホクホク美味しいのだ。
ブタは大きく分厚いのが3枚も!柔らかくメチャクチャ美味い!

IMG_1242
スープはライト目で豚出汁が効いて食べやすい。
辛揚げ玉は徐々にスープに溶け出してくる。
溶けると一味の辛味と油分が加わり自然と味変されていく仕組み。

IMG_1241
平打ち太麺なオーション麺。
ゴワムチ食感はこの手のラーメンとベストマッチなのだ。
小生は生卵(50円)を別途お願いしてスキヤキスタイルで〆。
ご馳走さまでした。








Yume Wo Katare Okinawaのラーメン


8月14日に琉球大学北口近くにOPENしたYume Wo Katare Okinawa
「夢を語れ」はラーメン二郎赤羽店が起源となるが、個人的には二郎とは別路線と認識。
マルジ、ラーメン富士丸が本質的な親と理解する。

現在は夜営業はメイン。
日曜日のみ昼営業をしている。

IMG_0778
お茶、割りばし、レンゲはすべてセルフ。
事前に自分の分を取りに行こう。

FullSizeRender
ラーメン 750円(ニンニク、アブラ)
アブラは富士丸スタイルの別皿提供。甘くて堪らないのだ。
ヤサイは9割モヤシで1割キャベツ。モヤシのひげ根処理は基本。

IMG_0777
豚出汁の効いたアマジョッパスープ。
このスープにはニンニクがマストであろう、必ずコールしてほしい。
豚も見た目は堅そうだがしっとり柔らかく美味い。

IMG_0769
個人的にめちゃくちゃよかったのが柔めの自家製オーション麺。
小麦のギュッと詰まった感じが柔めでほぐれ、スープを吸い込み最高に美味いのだ!
別皿のアブラには麺をつけてズババと行けば至福のアブラそば。
個人的に昼営業がありがたいので、是非とも平日も昼営業をして欲しい!










赤ひげラーメンの麻婆ラーメン(汁なし)


以前にもゲリラ限定で麻婆麺を提供していた赤ひげラーメン
夏の終わりにまたも限定で出してくれるとの事で向かった。
麻婆ラーメンって色モノっぽく見られるが、個人的には一つの確立されたジャンル。
昨今、東京でも専門店が多く出店している。

IMG_0723
向かったのは先のツイートの翌日。
のこり10食ちょっととの事だったので開店前から並ぶのだ。

FullSizeRender
麻婆ラーメン(小) 850円
今回は事前申告すると、汁なしバージョンに変更が可能であったので迷わずチョイス。
個人的に二郎系のオーション麺は汁なしの方が断然風味が活きると思っている。
ズババと頂くと、強めのとろみを纏った麻婆餡が絶妙に合わさり完璧に美味い!
辛味は思ったより本格的で堪らなく美味いのだ。

IMG_0779
 豆腐は大き目にカットされているのでセルフで味わい変化。
ヤサイとの相性が思ったより良好で気づいたらあっという間に完食。
ライスを持ち込んで〆れば良かったと後悔。

ちなみにこんな玄人な注文もできるらしいから次回はコレだなぁ。








赤ひげラーメンの冷やし中華


場所柄なかなかお邪魔できなくて残念な赤ひげラーメン
夏の恒例となりつつある冷やし中華を頂きたく時間をつくって訪問。
ちなみに9月末までの限定。お気をつけください。

FullSizeRender
冷やし中華(小) 850円 (野菜マシ・ニンニク)
小サイズでも充分な盛りと麺量。まずは頂上エリアをサラダ感覚で頂くのだ。
しばらくしたらグリンと天地返しをするとキンキンに締められた太麺の登場。
マヨネーズベースのタレがばっちし絡み最高級に美味い!
トッピングの豚も柔らかジューシーでめちゃくちゃ美味くて箸が止まらない。
ズババっと啜り残暑を感じながら退店するのだ。

今年の夏が終わる前にもう一度頂きたい至高の逸品である。





千里眼
水野美紀
2015-04-28




ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA