宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

塩ラーメン

名嘉の中華そば店の塩


名嘉商店時代にも提供していた「塩」の復活。
これは行かなければと訪問してきた名嘉の中華そば店
ちなみにセアブラゴハン(200円)も復活しているぞ。

 IMG_0860
塩 750円
中華そばなのかラーメンなのか。勝手に代名詞を振るのは失礼だと思い、表記通り。
以前より鶏ベースの動物系がドシンと効いた重厚感のあるスープに魚介(貝)を感じる。
ひと口、ふた口とスープを啜れば旨味の洪水が押し寄せる。めちゃくちゃ美味い!
ハリパツ麺とのなじみもよく完成度の高い一杯。
バランスを崩さないためにも麺は大盛りにしないで、トッピングも極力少量がいいと思う。













和風らぁめんはるやの【限定】塩らぁめん



毎月限定商品を提供してくれる和風らぁめんはるや
今回は8月7日、8日、9日の3日間の提供だ。

この記事がアップされる頃には提供していないのでご注意を。

IMG_0303
今回の限定は「塩らぁめん」
シンプルな品であるが、どのような「はるやチューン」がされているか楽しみである。

FullSizeRender
塩らぁめん 780円
味玉は御厚意で頂いた。いつもありがとうございます。
ベースは旨味の効いた円やかなスープに香味油と思われるネギの香ばしさが追ってくる。
スープに浮かぶ胡麻の風味やトッピングのコーンの甘味でほっこり懐かしい味わい。
ハリパツ細麺との相性は言わずもがな最高でめちゃくちゃ美味い!
はるや謹製のバラチャーシューと新たな試みと思われる肩ロースチャーシュー。
それぞれの旨味を存分に味わい、久しぶりに汁完フィニッシュ。

今日もご馳走様でした。













 

坂元激の塩ラーメン


【坂元激全メニュー制覇への道】
今年の個人的目標に掲げた坂元激のメニュー制覇。
過去記事を見返すとラーメン類では残りあと少しで達成。

IMG_7666
激辛モードで訪れるのが当たり前の坂元激。
今日食べないとまた当分食べないだろうと判断して塩ラーメンを選択。
せっかくなので激辛スープを添えようと思っていたが券売機から消えていた、残念である。


FullSizeRender
塩ラーメン800円
所謂タンメンな一杯が着丼。具だくさんでアツアツ。
スープは乳化気味の動物系にガツンとエンミと化調が効いていてジャンク!美味い。
街中華の「優しいタンメン」ではない、坂元激が作り出すジャンクタンメン。最高に美味い。
ニンニクスライスが多めに炒められている。

IMG_7690
麺は激辛メニューと共通と思われる中太麺。
風味豊かで麺自体もかなり美味い!普段、激辛系だと感じられぬ美味さ。
長崎ちゃんぽんやタンメンが好きな人はハマると思われる。

IMG_7691
終盤には卓上のラー油やコショウ、唐辛子で味変。
久しぶりにガツンとやられた一杯。最高級に好みの逸品であった。

嗚呼、坂元激での選択肢がまた増えて全メニュー制覇がさらに難しくなりそうだ。






 

昇龍(参宮橋)


今回の出張先の最寄り駅である参宮橋。
愛読させていただいているブロガーさんが「美味いじゃないっスカ!!」していた昇龍

2017-11-14-12-05-44

所謂、街中華のお店であるが昼前からほぼ満席。
地元の人の胃袋をガッチリつかんで離さないのであろう。

2017-11-14-12-12-27

当店一押し!と題されたチャーハンセット900円を注文。
らーめんは、和風だし仕上げという塩らーめんを選んだ。

2017-11-14-12-17-01
先にサーブされた塩らーめん。
スープを頂くと前評判通りの美味さ溢れる逸品!こりゃ美味い!
中細の自家製麺もボソムチっとした味わいでジャストマッチ。
エンミは若干強めだが、出汁が前にでているのでスープを飲む手が止まらない。

2017-11-14-12-18-58
半チャーハンどころではないサイズのチャーハンも到着。
パラパラとは相反するムッチリチャーハン。堪らなく好みである!
今回こちらのチャーハンを頂いて再確認したのは、ナルトの重要性。
ナルトが入った中華屋のチャーハンが改めて大好きなことを認識した。

昇龍さんみたいなお店、近所にあったら最高だなぁ。






 

ゆうなみ坂下店


沖縄そば屋であるが、ラーメンもあると聞いて訪れたゆうなみ坂下店
初訪問だがメニューも席数も多く、家族連れでも良さそうだ。
 
2017-05-15-13-40-18

鶏塩ラーメン680円。揚げネギに柚子皮が浮かぶ。
オーソドックスな表情だが一つ一つのパーツがしっかりしていて美味い。
鶏チャーシューも炙りが入れてあったりとひと手間を惜しんでいない。

2017-05-15-13-41-04

中でも麺が素晴らしかった。
全粒粉系で低加水のハリパツとした細麺とスープとの相性が抜群であった。
こうなると、本命の沖縄そばも食べてみたくなるもんだ。


ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA