宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

浦添

和風らぁめんはるやの【限定】塩らぁめん



毎月限定商品を提供してくれる和風らぁめんはるや
今回は8月7日、8日、9日の3日間の提供だ。

この記事がアップされる頃には提供していないのでご注意を。

IMG_0303
今回の限定は「塩らぁめん」
シンプルな品であるが、どのような「はるやチューン」がされているか楽しみである。

FullSizeRender
塩らぁめん 780円
味玉は御厚意で頂いた。いつもありがとうございます。
ベースは旨味の効いた円やかなスープに香味油と思われるネギの香ばしさが追ってくる。
スープに浮かぶ胡麻の風味やトッピングのコーンの甘味でほっこり懐かしい味わい。
ハリパツ細麺との相性は言わずもがな最高でめちゃくちゃ美味い!
はるや謹製のバラチャーシューと新たな試みと思われる肩ロースチャーシュー。
それぞれの旨味を存分に味わい、久しぶりに汁完フィニッシュ。

今日もご馳走様でした。













 

てだこそばの野菜そば


沖縄移住当初に頻繁にお邪魔していた浦添にあるてだこそば
今でも定期的に訪問している。

IMG_0210
あまり見かけないビジュアル。 
基本メニューにはないトッピングで彩った一杯だ。

IMG_9648
野菜そば(中)640円 + 軟骨ソーキ150円
シャキシャキのたっぷり野菜はさっと炒められてスープに徐々に馴染んでいく。
150円でトッピングした軟骨ソーキはたっぷり3個!とろとろで最高に美味である。
白湯豚骨スープは沖縄そばとしては異色だが、ぽってり滋味深く深いのだ。












だるま屋浦西店ですき焼き


日頃の食生活で気を付けているのは野菜摂取。
「ヤサイマシマシ!」では必要な栄養素はとれないのである。
沖縄食堂の強みとして、野菜をしっかり摂れるメニューがちゃんとあること。
看板メニューにすき焼きが掲げられているだるま屋浦西店にピットイン。
 
FullSizeRender
すき焼き 650円
野菜はたっぷり青菜・ネギ・キャベツ。すき焼きにキャベツは完全ウチナースタイル。
たっぷりの豚肉に豆腐・白滝そして半熟卵。完璧なビジュアルである。
甘めのタレでちょいクタに炊かれた野菜がほっこり美味い。シャクシャク噛み締める。
ラストは卵をOTRでズババっといただく。たまらん。


IMG_0178
帰り際、ドアに貼られた新メニュー。
次回はガパオライスで決まり!








ゆがふ家のみそ汁


浦添のパイプライン沿いにあるゆがふ家
オープンして半年くらいだろうか。
のぼりに「みそ汁」があったので気になって初訪問。

IMG_9365
営業時間は平日10時から21時までと中休みなしの模様。
ランチ難民には嬉しい限りである。

 FullSizeRender
みそ汁(ライス付) 550円
オーソドックスなうちなー味噌汁。ライスは大き目な茶碗にたっぷりである。
味噌汁は、鰹出汁がビシっと決まった最高に美味いヤツ。
このような出汁感のある味噌汁は初めてかもしれない!こりゃ~美味い!
ポークに豆腐もたっぷりで大満足。

この出汁ならそばも絶対に美味いであろう。近く再訪を誓った。













豚骨拉麺昇家のとんこつ醤油ラーメン


沖縄に家系を持ち込んだ武蔵家で修業をされた店主。
「家」を冠してはいるが家系を謳っているワケではない昇家
冬季限定の激辛ラーメン「覇王」以来の訪問。

 IMG_9333
とんこつ醤油ラーメン700円(太麺)
ランチタイムサービスで大盛りにして頂いた。
脂泡の浮いたスープは豚骨の旨味がしっかりきいて抜群に美味い。
キクラゲの食感が楽しい味わい。

IMG_9224
ブリブリの太麺は固めの仕上がり。
終盤は豆板醤で味変してフィニッシュ。










ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA