宅打ちな日々

日々の「食」、晩酌やつまみ、食材を徒然と。 okinawaから想いを込めまして。沖縄ラーメン多め。

焼酎ハイボール

豚タン


もつ焼きに分類されることも多い「豚タン」
単価も安いのでツマミに持ってこいなのだ。(ちなみにスープも美味い)

2017-04-12-21-12-54
とは言っても食べ方は限られる。
ここはシンプルに塩コショウを振りかけ、サッと焼こう。
 2017-04-12-21-33-11

フライパンよりも断然スキレットをオススメする。
高温に熱して焼き色を付けてうまみを閉じ込める。

2017-04-12-21-17-19

もつ焼きにはやっぱりコイツでしゅわわ。
氷抜きにすると炭酸が飛ぶのが抑えられて、スッキリ度がアップするのだ。






大城てんぷら


奥武島といえば「てんぷら」というくらいに一気にメジャーになった。
全国区のメディアに取り上げられるとやはり違う。

2017-01-21-14-20-14

島に入り右折して300m程進むとある「大城てんぷら」
8年程前に釣りのついでに訪ねた際は、もっとこじんまりしていてより風情を感じた。
この日もインバウンドを含めた観光客で賑わっていた。

2017-01-21-14-27-03

色々な種類が楽しめる「沖縄てんぷら」だが、一番好きなのは「イカ天」
肉厚なセーイカの歯ごたえと風味が最高である。

2017-01-21-00-23-13

<てんぷらあるある>だと思うのだが、ついつい買い過ぎてしまう。
持ち帰りサックリ温めなおして焼酎ハイボールと一緒に。
今回はキンミヤでなく極上[宝焼酎]を買ってみた。シュワワー。

2017-01-21-19-34-22

うーん、旨い。
「沖縄てんぷら」にはウスターソースであるのだ。
焼酎ハイボールで流し込めばすぐにふたくち目が欲しくなる。 

 

湯豆腐


ここ沖縄でも冷え込みが強くなってきましたね。
寒くなるとあれこれ食べたくなるもので、今宵は湯豆腐で一杯。

2017-01-17-20-31-56

薬味は奴よろしくネギにミョウガ、鰹節を散らして。
カツオオドル。

2017-01-17-20-18-24

合わせる一杯は初登場「強烈ゆずサイダー割
冬期限定の焼酎ハイボール。甘さも控えめで丁度いい。

2017-01-17-20-32-02

いい画ですね。
チビチビと頂きたい。

2017-01-17-20-32-22

醤油、みりんベースのタレ。
ポン酢を少量ブレンドしてドバっと。ミョウガ大好き!

2017-01-17-20-34-40

チビチビ。旨い。
でも冷めるのが嫌でハフハフと焦って食べ進め、焼酎ハイボールで流し込む。
シュワワと今宵も幸せな気分。





 

焼豚


チャーシューと焼豚は別物と思考する。
所謂ラーメン店のものはチャーシューで煮豚であることが多い。
今回はオーブンを使用して焼豚に挑戦。

2017-01-04-21-55-04
 
醤油ダレの中に2日程漬けて置いた豚肩ロース。
冷蔵庫から取り出し2時間程放置してなるべく常温へ戻す。

2017-01-04-22-45-06

スチームオーブンで200℃45分。
途中何度か醤油ダレをハケで塗りこむ。上下展開も忘れずに。
焼き上がり後はアルミホイルで包みこみ、粗熱が取れるまでは切り分けてはいけない。

2017-01-08-22-31-44

調理併進していた焼酎ハイボール。
今夜もシュワワと調子がよろしい。

2017-01-08-22-31-36

ガスバーナーがあればもうひと炙りしたいところ。
一味が大事な役者となる。

2017-01-05-21-51-09
 
焼豚の残りダレを沸かして醤油ダレを形成。 香味油は即席で。
鶏ガラスープの素とウェイパーで味を調えれば、ノスタルジックな焼豚麺の出来上がり!




ナガラ食品 ホルモン鍋

寒い冬(といっても今年の沖縄は12月でも25℃が普通)に食べたくなる一品。
ナガラ食品のホルモン鍋。ローソンの冷凍食品コーナーに鎮座する。

image
 
アレンジが楽しいのだが、私はシンプルに豆腐とネギが好き。
これ以上でもこれ以下でもないバランス、味わい。
焼酎ハイボールで流し込む。
 
ギャラリー
  • だるま屋浦西店のすき焼き
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • らぁ麺やな木の鶏醤油らぁ麺特製もり
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • 麺処あさひの限定淡麗にぼしそば
  • okinawan ramen NAGISA